のりもの

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

名詞:賭物[編集]

のりもの賭物

  1. 勝負事に賭ける金品かけもの

名詞:乗り物[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア乗り物 の記事があります。

のりもの

  1. を乗せて運ぶ道具機器の総称。ビークル
  2. 江戸時代に高級武士などが乗ることを許された立派な駕籠
    按、近俗箯輿之精者、称乗物。其周匝裹、用備州莞筵。今、武家・僧・医及婦女所乗者也。民俗、不許乗之。(『和漢三才図会』1712年)
    その中をお駕籠は粛々と行列をつづけて、駕籠止め下馬の山門に乗りつけたのがかっきり六ツ下がりでした。ここから先は、天下のご執権老中職といえども乗り物ご禁制です。(佐々木味津三『右門捕物帖』「献上博多人形」)

発音[編集]

の↗りもの

翻訳[編集]