出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
は 教科書体
書き順

日本語[編集]

「は、ハ」で始まる日本語

発音[編集]

  • ha
  • wa - 助詞の場合、歴史的仮名遣いの一部(語中・語尾の場合)

名詞:歯[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

  1. 動物の口腔内にある咀嚼するための硬い器官
  2. 歯と同様のギザギザを持つ部分。例:の歯、歯車
  3. 下駄の裏側にある板。

発音:歯[編集]

は↘
IPA: /ha/
X-SAMPA:/ha/

語源:歯[編集]

熟語:歯[編集]

翻訳: 歯[編集]

参照[編集]

名詞:葉[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

  1. 植物構成する主要な器官のひとつ。葉緑体を保持し光合成を行う主要な場であり、一般には緑色薄い構造のもの 。はっぱ

翻訳:葉[編集]

名詞:刃[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

  1. 刀剣切断に用いる道具の、対象に当てて切断ないし切削に用いる部分。やいば

複合語・成句[編集]

翻訳[編集]

名詞:羽[編集]

  1. はね

複合語・成句[編集]

名詞:端[編集]

  1. はし

複合語・成句[編集]

助詞[編集]

  1. 副助詞、一部に係助詞とする立場もある)主題を示す。文が何について(のみ)語っているか、あるいは何かとの対比を示す。
    • 昔あるところにおじいさんとおばあさんがいました。おじいさん山へ柴刈りにいきました。 — 既出の人物であることを示している。
    • 鼻が長い。 — 象について説明している。
    • 今日学校へ行った。 - 「今日、学校へ行った」よりも行く日と行かない日があることを明示している。
    • テレビよく見る。 - 対象をテレビに限定する。映画を見ないのかもしれない。
    • 妻に話すべきだ。- 最低限話す相手を示している。
    • 理解できる話である。- 理解はしているがそれ以上ではないことを示している。例えば同意できないなど。
    • すぐに理解できない。-「すぐに理解できない」よりもそのうち理解できることを示している。
    • こうなると思わなかった。- 現状とは別の予想・思惑があったことを示している。
  2. 前の文を受けて、新しい主題について同じことを尋ねる。
    • 「太郎は来たよ。」「次郎?」 — 次郎も来たかを尋ねている。
    • 「品質は問題ない。」「価格?」 — 価格も問題ないかを尋ねている。
  3. 否定の語気を強める。
    • そんな話知らない。
    • その日公園に行っていません。
  4. の連用形に付いて、否定されるものを示す。主題と同じであるが、名詞文の場合、現在ではほぼ義務化しており、無いほうが不自然である。口語ではじゃになる。
    • 学生でありません。 — 名詞の場合、はほぼ必ず付く。
    • その歌手は有名でない。 — 形容動詞の場合、が無いこともある。
  5. 部分否定を表す。
    • 全員の名前覚えていない。
    • 出された料理全部食べなかった。
  6. 少なくとも満たす基準を示す。主題の場合と異なり、を取り除くと論理的意味が異なる。
    • 70点取った。 — 少なくとも70点を取った。もっと取った可能性がある。
    • 8時に帰れる。 — 遅くとも8時に帰れる。もっと早く帰れる可能性がある。
  7. 総称的な主題を提示し、その中で特定のすぐれたものや好ましいものなどを述部で示す。
    • スポーツサッカーが好きです。
    • 戦後日本の産業なんと言っても自動車だ。
    • サンマ目黒に限る。
    • 桜木、人武士。
  8. 大きい地名とそこに含まれる小さい地名の間や、長い時代とそこに含まれる短い時代の間に用いる。現在では、を用いるか、何も挟まないことが多い。
    • 東京神田の生まれ。
    • 江戸元禄のころより続く老舗。
  9. 接続助詞のについて、好ましくない内容の仮定条件を表す。
    • そんなことをされてたまらない。
    • そこへ行っていけない。
    • あってならないことだ。
  10. 接続助詞のて、でについて、繰り返しを表す。
    • 寄せて返す波の音。
    • 少し読んで考え、また読んで考えた。
  11. 名詞や格助詞ので、接続助詞のて、でにつき、あとにしばしば「どうか」などの語をともなって、提案を表す。
    • 「何を飲もうか」「ワイン(どう)?」
    • 本人に聞いてみて(どうか)。
  12. (AはA) 多少の違いはあるだろうが、結局は同じだ。一応はそうである。無条件にそうである。用言の場合はものことなどが付く。
    • 大義があろうとなかろうと、戦争戦争だ。
    • 安くても、美味しいもの美味しい。
    • また壊れるかもしれないが、直すだけ直しといた。
  13. (AはA) 譲歩して、その点は認める。用言の場合はものことなどが付く。
    • 戦争戦争だが、大義がある。
    • 美味しいこと美味しいが、あまりに高い。
    • 読むに読んだが、よく理解できなかった。
  14. (AはA) 無条件にそうである。ゆるがせにできないことである。
    • だめなものだめだ。問答無用。
    • ならぬことならぬものです。掟掟です。
  15. (AはAで) その立場で。としても。
    • 先生先生でいろいろと大変なんですね。
    • 私でしたいようにやるし、君君でやっていけばいいだろう。
  16. 列挙を表す。
    • ここに来れば飯食える酒飲める、もう最高。(=飯も食える酒も飲める)

用法:助詞[編集]

助詞のは、があると消える。

発音:助詞[編集]

語源:助詞[編集]

上代では主に「はや」「はも」の形で文末にくる助詞の一種であった(現在の終助詞の源流)。倒置法により文中に入るようになり、現在の形に定着した。逆に文中の「は」が文末にきて終助詞になったという説もある。

派生語:助詞[編集]

関連語:助詞[編集]

翻訳:助詞[編集]

感動詞[編集]

  1. 受け答えるときに出る言葉
    • 、何でしょう
  2. 笑い声を表す
    • ははは、面白い

関連語句:感動詞[編集]

文字コード[編集]