はぎ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞 1[編集]

はぎハギ芽】

  1. マメハギ総称落葉低木秋の七草一つから秋にかけ、紅紫色、また白色蝶形花を総状つける

名詞 2[編集]

はぎ

  1. (解剖学) のうちからくるぶしまでの部分すね

名詞 3[編集]

はぎぎ】

  1. 継ぎ合わせること。
  2. 補強のために継ぎ合わせた小布

固有名詞[編集]

はぎ はぎ

  1. 山口県北部にある地名

動詞[編集]

はぎ

  1. はぐぐ、ぐ】の連用形

古典日本語[編集]

名詞:萩[編集]

はぎ

  1. () 萩。
  2. 襲の色目の一つ。秋に着用し、表は蘇芳、裏は

発音[編集]

二拍名詞三類

平安時代[編集]
↘ふぁぎ
南北朝時代[編集]
ふぁ↘ぎ
江戸時代[編集]
は↘ぎ

名詞:脛[編集]

はぎ

  1. (解剖学) 脛。すね

発音[編集]

二拍名詞九類

ふぁ↗ぁ↘ぎ

国頭語[編集]

語源[編集]

琉球祖語 *kage < 日本祖語 *kankay

名詞[編集]

はぎ

  1. かげ