はぜる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

はぜるぜる、ぜる】

  1. 種子が熟すなどして、弾け飛ぶ。
    • 鳳仙花の種子を採集するには、蟋蟀を捉えるのと同じ程度の細心さがなくてはならない。なぜかというに、この草の実は苞形(つとがた)の外殻(から)に包まれていて、この苞の敏感さは、人間の指さきがどうかした拍子にその肌に触れると、さも自分の清浄さを汚されでもしたかのように急に爆ぜわれて、なかに抱いている小坊主の種子を一気に弾き飛ばしてしまうからだ。薄田泣菫 『艸木虫魚』
  2. 炎の熱による小爆発によって、バチバチと勢いのよい音を立てたり、ものが飛んだりする。
    • ... あの川開きが催されるようになりましてからは、めめしい貴族的なたなばた流しよりも、むやみとパンパンはぜる花火のほうが江戸っ子の唐竹(からたけ)気性にずっとかないましたものか、年一年と花火にお株を奪われまして、 ... 佐々木味津三 『右門捕物帖 へび使い小町』

活用[編集]

は-ぜる 動詞活用表日本語の活用
ザ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ぜる ぜる ぜれ ぜよ
ぜろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 はぜない 未然形 + ない
意志・勧誘 はぜよう 未然形 + よう
丁寧 はぜます 連用形 + ます
過去・完了・状態 はぜた 連用形 +
言い切り はぜる 終止形のみ
名詞化 はぜること 連体形 + こと
仮定条件 はぜれば 仮定形 +
命令 はぜよ
はぜろ
命令形のみ