はた

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

はだ および ハタ も参照。

日本語[編集]

名詞:位置[編集]

はた

  1. かたわら、すぐに隣接した位置。

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
は↗た
京阪式アクセント[編集]
↗はた

名詞:機[編集]

はた

  1. 手動織るための装置
  2. 機(語義1)で織られた布。織物

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
は↗た↘
京阪式アクセント[編集]
は↘た

複合語[編集]

名詞:旗[編集]

はた

  1. 組織機能象徴する意匠を記した布。
  2. 〔長崎弁〕たこ[1]

発音[編集]

東京式アクセント[編集]
は↗た↘
京阪式アクセント[編集]
は↘た

関連語[編集]

類義語
上位語
下位語

連語[編集]

複合語[編集]

翻訳[編集]

参照[編集]

名詞:畑[編集]

はた

  1. 作物収穫する農園で、と異なり、水を張る時期のないもの。はたけ

脚注[編集]

  1. [1](2014年6月2日閲覧)。

沖縄語[編集]

名詞[編集]

はた

  1. 旗。
  2. ほとりそば

接尾辞[編集]

はた

  1. ほとりそば

古典日本語[編集]

名詞;鰭[編集]

はた

  1. ひれ

名詞;端[編集]

はた

  1. へりふち
  2. ほとりそば

名詞;旗[編集]

はた

  1. (仏教) 法会の際に本堂はしら天蓋に付けるかざり。
  2. 装飾標識に用いるぬの

発音[編集]

二拍名詞二類

室町時代以前[編集]
ふぁ↘た
江戸時代[編集]
は↘た

名詞;機[編集]

はた

  1. (現代語に同じ)機。

発音[編集]

二拍名詞二類

室町時代以前[編集]
ふぁ↘た
江戸時代[編集]
は↘た

数詞[編集]

はた

  1. (数量、順位)20。

派生語[編集]

副詞[編集]

はた

  1. また