はに

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古典日本語[編集]

名詞[編集]

はに

  1. 緻密で粘り気のある黄色乃至赤色の粘土。瓦・陶器などの材料とし、又、上古は衣にその色を摺りつけて模様をあらはし丹摺にずりの衣を作った。あかつちねぱつちへな

語源[編集]

  • 初めに掘り出す上層の土「はつに(初土)」(対義語:しはに(終土))(『箋注和名抄』)
  • 赤黄と鮮やかなので「はえに(映土)」(『古事記伝』)

関連語[編集]