ひさしぶり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

形容動詞[編集]

ひさしぶりしぶり・久しり】

  1. にその物事経験してから、長い時間経過して再び前と同じ物事を経験すること。

活用

ダ型活用
ひさしぶり-だ

発音[編集]

↗さしぶり
↗さしぶり↘

類義語[編集]

感動詞[編集]

ひさしぶりしぶり・久しり】

  1. 久闊を叙する際の挨拶のぞんざいな表現。丁寧表現はその度合いによって、接頭辞「」の付加、「です」「でございます」等の付加により形成される。
    • ポオレット  あたしよ、忘れたの。/留雄  (素気なく背を向けて)何か用か。/ポオレット  (ちらとマルセルに笑ひかけ)久しぶりね。/留雄  久しぶりだ。(岸田國士『古い玩具』1924年)

類義語[編集]

翻訳[編集]