ひだりて

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語

[編集]

名詞

[編集]

ひだりて左手

  1. 左側
    • 日本では、例へば西洋料理の食ひ方はかうと、いつの間にか英国流の作法が標準のやうになり、フオオク左手で持つものときまつたらしいが、これなども、うつかり仏蘭西式にフオオクを右手に持ちかへると、日本のハイカラ紳士淑女からは、却つて笑はれるかもしれない。(岸田國士 『大正風俗考』)
  2. 左側方面
    • 巣鴨から来た電車がゆっくり白山を下りて指ケ谷へ出る、その辺で左手の裸の崖を眺めると、くすんだ赤い煉瓦の塀のくずれたところがあったりして、やはり荒廃のうちに一種の美しさが感じられる。(宮本百合子「藤棚」『学友会雑誌』誠之小学校、1939年6月16日執筆)

対義語

[編集]

翻訳

[編集]