ほしい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源1[編集]

古典日本語ほし」より

形容詞[編集]

ほしいしい】

  1. 自分のものにしたい、得たい。
    主文の述語になる場合、言い切りの形では一人称、疑問では二人称となるのが普通(人称制限)。
    • 水がほしい。
    • プレゼントほしい?
    • きっとゲームソフトがほしいんだろう。
    • 彼は自分が欲しいものを順に書き出していった。
  2. 性行為を求めたくなるような欲動を感じる。
  3. (補助形容詞)人にしてもらいたい。
  4. そうありたい、あることが望ましい
ほし-い 形容詞活用表日本語の活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ほし かろ
かっ
けれ (無し)
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
推量・意志 ほしかろう 未然形 +
否定形 ほしくない 連用形 + ない
過去・完了 ほしかった 連用形 +
言い切り ほしい 終止形のみ
名詞化 ほしいこと 連体形 + こと
仮定条件 ほしければ 仮定形 +
様態 ほしそうだ 語幹 + そうだ

語源2[編集]

名詞[編集]

ほしい飯、

  1. 保存携行用に炊いた米飯乾燥させたもの。湯をかけて戻して食する。