まく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

同音の漢字(音読み)はWiktionary:漢字索引 音訓 ‎ま#マク参照

日本語[編集]

名詞[編集]

まく 音読み)

をそれぞれ参照。

  1. (幕)視界をさえぎるための布。
  2. (幕)客席と舞台とを仕切るために、芝居や劇で用いる装置の一つ。
    1. 芝居や劇の終わり。おしまい。(芝居の最後には必ず舞台に幕が降りることから)
    2. 芝居や劇で、場面転換のために一旦幕が降りてから、また幕が降りるまでの一区切り。
  3. (膜)内部と外部を隔てる、薄いもの。
  4. (膜)液体が表面張力で面状になったもの。
  5. (膜)薄い面状の生物組織。

発音[編集]

東京アクセント[編集]
ま↗く
京阪アクセント[編集]
ま↘く

動詞:蒔く[編集]

まくく・く・く】

  1. (蒔く・播く)植物そだてるために、たねはたけ散布する。
  2. (蒔く・播く)ぱらぱらと空中から平面に散らして落とす。
  3. (撒く)液体や粉を広い範囲に行き渡らせる。
    病院の床に消毒薬を撒く。
    砂埃が飛ばないように、校庭に散水機で水を撒く。

活用

カ行五段活用
ま-く

発音[編集]

東京アクセント[編集]
ま↘く
京阪アクセント[編集]
ま↗く

関連語[編集]

動詞:巻く[編集]

まくく・く】

  1. ぬの状のものをはじからまるめる。
  2. ひも状のものを、棒状のものの周囲に回してつける。
    上着を脱いで、腰にまく。
  3. ゼンマイなどを回す。

活用

カ行五段活用
ま-く

発音[編集]

東京アクセント[編集]
ま↗く
京阪アクセント[編集]
↗まく

翻訳[編集]

関連語[編集]


古典日本語[編集]

動詞:蒔く[編集]

まくく・く】

  1. (種などを)える。
  2. らす。
  3. 蒔絵まきえをする。

活用

カ行四段活用
ま-く

発音[編集]

二拍動詞二類

ま↗く

「まく」に由来する語[編集]

  • 現代日本語: まく(蒔く・撒く)

動詞:巻く[編集]

まくく・く・く】

  1. まるめる。げる。

活用

カ行四段活用
ま-く

発音[編集]

二拍動詞一類

↗まく

「まく」に由来する語[編集]

  • 現代日本語: まく(巻く・捲く)

動詞:負く[編集]

まくく】

  1. ける。やぶれる。
  2. 相手にしたがう。

活用

カ行下二段活用
ま-く

発音(連体形)[編集]

三拍動詞一類

↗まくる

「まく」に由来する語[編集]

動詞:任く[編集]

まくく、く】

  1. 官職じる。派遣する。
  2. 退出させる。

活用

カ行下二段活用
ま-く

関連語[編集]

動詞:枕く[編集]

まくく、く】

上代語

  1. まくらにしてる。
  2. (女性と)一緒に寝る。つまにする。

活用

カ行四段活用
ま-く

動詞:設く[編集]

まくく】

上代語

  1. あらかじ用意する。
  2. っていた時期になる。

活用

カ行下二段活用
ま-く

派生語[編集]

名詞[編集]

  1. (上代語)~であろうこと。~しようとすること。

語源[編集]

推量の助動詞「」の未然形 + 接尾辞「