また

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

復#日本語 も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

また

  1. 分岐
  2. 脚のつけねの部分。股間またぐら。また下着やズボンなどの股間をおおう部分。
  3. 次の機会

副詞[編集]

また

  1. 再び再度
    1. (感動詞的に)短い別れのあいさつ。
  2. 同様に。やはり。
  3. 加えて。その上に。
  4. それにしても。まったく。
    • 今度はまた何てことをしてくれたんだ。
  5. おだてや謙遜、はぐらかし、冗談などに対し、本気で受け止めていないニュアンスを表す。
    • またまたそんなこと言って逃げるんだからもう。

接続詞[編集]

また

  1. それ且つ
  2. 同様に。
  3. 加えて。その上。
  4. あるいは。

接頭辞[編集]

また【又】

  1. 間に別の人を介していることを表す。
    • 又聞き。

接尾辞[編集]

また【又、股】

  1. 浮気による複数人との同時交際を数える単位。
    • 二股疑惑