みあげる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

みあげるげる】

  1. から見る
    • は、羅生門をつつんで、遠くから、ざあっと云う音をあつめて来る。夕闇は次第に空を低くして、見上げると、門の屋根が、斜につき出したの先に、重たくうす暗い雲を支えている。(芥川龍之介『羅生門』)
  2. (多くの場合「みあげた+体言」の形で連体詞的に)相手を自分より品格が優れ、あるいは能力高いと判断する。立派な。たいした
    • みあげた心がけ
    • 自己の醜を自白するのは中々見上げたものだ。(夏目漱石『吾輩は猫である』1905-06年)
    • オフクロは面白くもなさそうな顔をあげ、ちょッと仕事の手を休めて言ったゞけであった。馬吉は見上げたオフクロだと思った。(坂口安吾『退歩主義者』1949年)

活用[編集]

みあ-げる 動詞活用表日本語の活用
ガ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
みあ げる げる げれ げよ
げろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 みあげない 未然形 + ない
意志・勧誘 みあげよう 未然形 + よう
丁寧 みあげます 連用形 + ます
過去・完了・状態 みあげた 連用形 +
言い切り みあげる 終止形のみ
名詞化 みあげること 連体形 + こと
仮定条件 みあげれば 仮定形 +
命令 みあげよ
みあげろ
命令形のみ

類義語[編集]

対義語[編集]

翻訳[編集]

英語