みくだす

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

みくだすす 「みおろす」と混同するため、しばしば"見くだす"】

  1. (自分の方が格が高いと見なして)相手を自分より品格能力低いと見なす。
    • 心無き振舞いかな、と老生少しく苦々しく存じ居り候ところに、またもや、老人もこのごろは落ちましたな、こんな店でとぐろを巻いているとは知らなかった、と例の人を見くだすが如き失敬態度にて老生を嘲笑仕り

活用[編集]

みくだ-す 動詞活用表日本語の活用
サ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
みくだ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 みくださない 未然形 + ない
意志・勧誘 みくだそう 未然形音便 +
丁寧 みくだします 連用形 + ます
過去・完了・状態 みくだした 連用形音便 +
言い切り みくだす 終止形のみ
名詞化 みくだすこと 連体形 + こと
仮定条件 みくだせば 仮定形 +
命令 みくだせ 命令形のみ

類義語[編集]

対義語[編集]

翻訳[編集]