むらさき

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

 
むらさき色

むらさき

  1. その根から染料をとる草本植物の一種。古来より日本において、染料の原料として栽培されてきた。(秋の季語)
  2. 色の一つ。中間色。語義1の植物より採取し、古くは貴重だったため、高貴な色とされている。
    • 自分は大変心細くなった。いつ陸へ上がれる事か分らない。そうしてどこへ行くのだか知れない。ただ黒い煙を吐いて波を切って行く事だけはたしかである。その波はすこぶる広いものであった。際限もなく蒼く見える。時にはにもなった。ただ船の動く周囲だけはいつでも真白に泡を吹いていた。自分は大変心細かった。こんな船にいるよりいっそ身を投げて死んでしまおうかと思った。(夏目漱石 『夢十夜』)
  3. すし屋などにおける符牒醤油のこと。
  4. 女房詞ではを意味する。鰯の肉が紫色であることに由来。

翻訳[編集]

植物
紫色
醤油

醤油#翻訳を参照