めす

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メス も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

めす

  1. 動物で、たまご産むもの。
    1. 人間女性に対する卑語
  2. 植物雌花をつけるもの。
  3. ねじコネクタで、接続のために挿入される穴状の部品ソケット

関連語[編集]

発音[編集]

め↗す↘

動詞[編集]

めすす】

  1. 呼び寄せる」、「取り寄せる」、「招く」の尊敬語
  2. 食う」、「飲む」、「着る」、「乗る」、「買う」等の尊敬語
  3. 風邪ひく」、「風呂はいる」、「とる」等の尊敬語

活用[編集]

め-す 動詞活用表日本語の活用
サ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 めさない 未然形 + ない
意志・勧誘 めそう 未然形音便 +
丁寧 めします 連用形 + ます
過去・完了・状態 めした 連用形音便 +
言い切り めす 終止形のみ
名詞化 めすこと 連体形 + こと
仮定条件 めせば 仮定形 +
命令 めせ 命令形のみ

発音[編集]

め↘す

語源[編集]

下記参照

関連語[編集]

古典日本語[編集]

動詞[編集]

めすす、 す】

  1. 「見る」の尊敬語ご覧になる
  2. 「治める、統治・施政する」の尊敬語。
  3. (相当な位にある人が女性を)寵愛なさる。

活用

サ行四段活用
め-す

語源[編集]

動詞る」の未然形尊敬助動詞」(四段活用)が付いたみすの変化した語。 奈良時代まで使われ万葉集に使用例がある。