鍍金

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
めっきから転送)
移動先: 案内検索

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアめっき の記事があります。

名詞[編集]

 (トキン 熟字訓:めっき

  1. (めっき、トキン)金属薄膜を、化学的手法により他の金属や非金属固着させること。また、それを施した物。もとはの薄膜を他の金属や非金属に固着させることを意味した。
  2. (めっき)うわべだけのごまかしとりつくろいにより表面飾ること。
    メッキが剥がれる。

発音[編集]

めっ↗き
と↗きん

語源[編集]

  • 「鍍」は「金」+音符「」の会意兼形声文字で、「度」は「尺」同様手を当てて長さを測ること、それから、少しずつ進むの意を生じる(など)。「金」と合わせて、金属を少しずつ貼り付けること。
  • 「めっき」の音は、仏像の鍍金に用いた金のアマルガムを「滅金」と呼んだことから。

動詞[編集]

活用

サ行変格活用
鍍金-する

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

도금

  1. (日本語に同じ)鍍金

中国語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア中国語版に 鍍金 の記事があります。

発音[編集]

  • ピンイン: dùjīn
  • 注音符号: ㄉㄨˋ ㄐㄧㄣ
  • 広東語: dou6gam1
  • 閩南語: tō·-kim

動詞[編集]

 ( (簡): 镀金 )

  1. (日本語語義1と同様)の薄膜を、外の金属や非金属に覆う。
  2. を付ける。

関連語[編集]