もみじ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

語義1、2。赤く色づき始めたカエデ

もみじ, 】 (上代にはモミチと清音。上代は「黄葉」、平安時代以後「紅葉」と書く例が多い)

  1. 晩秋に、色づい。秋の季語。
  2. カエデの異名。特に、赤く色づいたカエデの葉を指していう。
  3. 鹿肉の俗称。
  4. (関西で)麦の

発音[編集]

も↘みじ

語源[編集]

語義1、2
動詞もみずの連用形から、名詞化したもの。
語義3
鹿には紅葉が取り合わせであることから。その起源は猿丸太夫の「奥山に もみじ踏み分け 鳴く鹿の 声きくときぞ 秋は悲しき」という歌からとも、さらには、この歌をモチーフとした花札の柄からとも。

翻訳[編集]

語義1
語義2

関連語[編集]