もむ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

発音[編集]

東京式アクセント[編集]

も↗む

京阪式アクセント[編集]

↗もむ

動詞[編集]

もむむ】

  1. 手で握ったり離したりする。を加えたり弱めたりして、刺激を与える。
    • 肩を揉んでほぐす。
  2. 塩などと合わせて揉んで馴染ませる。
    • 香島嶺の 机の島の 小螺したたみを い拾ひ持ち来て
      石もち つつき破り 早川に 洗ひ濯ぎ
      辛塩に こごと揉み 高坏に盛り 机に立てて
      母に奉りつや 女つ児の刀自 父に奉りつや み女つ児の刀自
      万葉集・巻16・能登の国の歌)
  3. (揉まれる)なされるがままになる。
    • 人波に揉まれる。

活用[編集]

も-む 動詞活用表日本語の活用
マ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 もまない 未然形 + ない
意志・勧誘 ももう 未然形音便 +
丁寧 もみます 連用形 + ます
過去・完了・状態 もんだ 連用形音便 +
言い切り もむ 終止形のみ
名詞化 もむこと 連体形 + こと
仮定条件 もめば 仮定形 +
命令 もめ 命令形のみ

古典日本語[編集]

発音[編集]

二拍動詞一類

↗もむ

動詞[編集]

もむむ】

  1. 両手わせる。また、そうして物をやわらかくする。
  2. 大勢みだれてう。
  3. うまむちをあててはしらせる。
も-む 動詞活用表日本語の活用
マ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形