やし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

やし香具師野師弥四他】

  1. 祭礼縁日露店を出し、物品販売見世物興行を行う人。
    • さくら 縁日などに出る香具師の仲間では、客の買ひ方を速める為に、になつて、馴れあひで物を買ふ。(折口信夫 『方言』)
    • あるとき、みなみほうくにから、香具師やしはいってきました。なにかきたくにへいって、めずらしいものをさがして、それをばみなみくにっていって、かねをもうけようというのであります。(小川未明 『赤いろうそくと人魚』)

類義語[編集]

同音異義語[編集]

やし


古典日本語[編集]

語源[編集]

間投助詞「」+間投助詞「

間投助詞[編集]

やし

  1. (上代)形容詞連体形助詞などに付いて、文節末において詠嘆の意を表す。
    • ここに伊耶那岐の命、まづ「あなにやし、えをとめを」とのりたまひ、後に妹伊耶那美の命、「あなにやし、えをとこを」とのりたまひき。(『古事記』)
      ここで、イザナギの命が、先に「ああなんと、良い乙女か」とおっしゃられ、その後、イザナミの命が、「ああなんと、よい男性か」とおっしゃった。