やっこ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

やっこ

  1. 武家下僕召使
  2. 江戸時代の刑罰の一つ。女性に対して課せられ人別帳から除き、個人に下げ渡し一種の奴婢身分とする身分刑。引取りを希望するものがあれば下げ渡し、多くは新吉原などの娼婦として使役された。
    • 関所通り難き類山越え等いたし候もの 其の所に於いて磔 但し男に誘引され山越えいたし候女は公事方御定書
  3. 江戸時代の侠客
  4. 奴豆腐(食べやすい大きさに四角く切った豆腐)の略。
    • お豆腐は(ヤッコ)に切るのでございますか…只今切っておあげ申ます。(六代目桂文治、落語「出世の島台」1900年)
    • 冷奴ひややっこ
  5. (語義1から転じて)乞食浮浪者罵倒語の一つ。北陸(wp)東北(wp)日本海側で使われる方言[1]

発音[編集]

東京アクセント
や↗っこ

語源[編集]

関連語[編集]

出典[編集]

  1. 秋田県教育委員会編著『秋田のことば CD-ROM版』 無明舎出版、2001年