よける

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語「よく

動詞[編集]

よけるける、ける】

  1. (他動詞) ある物に直接触れたり出会ったりしないように寄ったり遠ざかったりする。
  2. (他動詞) 予め被害防ぐ
  3. (他動詞) にしておく。

活用[編集]

よ-ける 動詞活用表日本語の活用
カ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ける ける けれ けよ
けろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 よけない 未然形 + ない
意志・勧誘 よけよう 未然形 + よう
丁寧 よけます 連用形 + ます
過去・完了・状態 よけた 連用形 +
言い切り よける 終止形のみ
名詞化 よけること 連体形 + こと
仮定条件 よければ 仮定形 +
命令 よけよ
よけろ
命令形のみ

発音[編集]

東京アクセント[編集]
よ↗け↘る
京阪アクセント[編集]
よけ↗る

類義語[編集]