わりきる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

わりきるる】

  1. 余りを出さずに数値割る
    • 四は六十を割り切る
  2. 解決する。解明する。単純かつ明確考えて説明する。
    • 「人生を割りきってるだけのことなんだ」/「割りきれる?人生が?」/「割りきるべきだよ。キミにも割りきることをすすめるね。で、キミの御返事は?」(坂口安吾『握った手』)
    • 理屈で割り切る
  3. 実利のみを求め余計なことは考えない。
    • 割り切ったおつきあい

活用[編集]

わりき-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
わりき

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 わりきらない 未然形 + ない
意志・勧誘 わりきろう 未然形音便 +
丁寧 わりきります 連用形 + ます
過去・完了・状態 わりきった 連用形音便 +
言い切り わりきる 終止形のみ
名詞化 わりきること 連体形 + こと
仮定条件 わりきれば 仮定形 +
命令 わりきれ 命令形のみ

発音[編集]

わ↗りき↘る

派生語[編集]

翻訳[編集]