出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゐ 教科書体

日本語[編集]

  • 平仮名の一つ。五十音図ではわ行 い段
  • いろは順: 第25位。「う」の次、「の」の前。
  • 字源: 「」の草体
  • 片仮名:
  • 歴史的仮名遣いで使用される。現代仮名遣いでは全て「」に書き換えることとされた。

発音[編集]

  • /i/ (昔は/wi/であった。)

漢字[編集]

次の項目をそれぞれ参照(字音仮名遣

古典日本語[編集]

名詞:井[編集]

  1. 地下水脈まで、地面穿った水を採取するための井戸

名詞:猪[編集]

  1. いのしし

派生語[編集]

名詞:亥[編集]

  1. 十二支の第十二番目。
  2. 方角の一。から西に三十度の方角。
  3. 時刻の一。午後およびその前後およそ一時間ずつの二時間ほど。

諸言語への影響[編集]

文字コード[編集]

点字[編集]

  • かな点字 : 未定義(かつてBraille Semicolon.svgが用いられていたが、現在ではよほどのことがない限り「い」に置きかえている)
  • 漢点字 : Braille8 Dots-58.svgBraille8 Dots-23.svg