キセル

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

キセル

  1. (【】:熟字訓喫煙具のひとつ。刻み煙草をつめる雁首と、口にくわえる部分の吸い口、それらをつなぐ羅宇により構成される。
  2. 公共交通機関への不正乗車 (wp)の方法のひとつを意味する俗語鉄道などの出発地点と到着地点の乗車券のみを入手し、それを提示し出入りし、途中の区間の料金を免れること。

語源[編集]

  1. 語義1。室町期末期、喫煙習慣の伝来とともに入る。従来、カンボジア語で「」を意味する『クセル』が、訛ったものが語源とするとされてきたが、近年、『吸う』を意味するポルトガル語sorver又はスペイン語sorberに関係代名詞queを接頭し、『吸う物』の意味でque sorverもしくはque sorberとしたものとの説もある[1]
  2. 語義2。語義1の形状が、両端の雁首と吸い口が金属製であり、途中の羅宇が竹製であることから、出発点と到着点のみ「金(かね)」があって、途中は、金がない(=無賃)であることをしゃれて言ったもの。

関連語[編集]

語義2

脚注[編集]

  1. 鈴木達也著 『喫煙伝来史の研究』 思文閣出版