テンプレート:管理者

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

管理者(sysop, シスオペ, Adminstrator とも)とは、システムに関する一定の権限を持ったウィキペディアン達のことです。現在のウィキペディアのルールでは、しばらくウィキペディアの更新をしており、ユーザー名がある程度知られており、コミュニティで特に反対がなければ誰でも管理者になることができます。管理者も大きな権限を持つべきではない、というのが現在のウィキペディアの流れです。

どのようなことができるのか[編集]

メディアウィキソフトウェアで制限がかかっている機能はわずかなものですが、これらは大変重要です。

ページの保護[編集]

  • ライセンスや法律面から保護されているいくつかのページを編集することができます。
  • ページを編集している執筆者に確実にWiktionaryのガイドラインを知らせることを目的として、記事の保護および解除を行うことができます。

ページの削除と復帰[編集]

  • ページと付属する履歴を削除することができます。その方針についてはWiktionary:削除の方針に述べられています。管理者は削除する機能を使えるユーザーであり、必ずしも削除を決定するユーザーではないことにご注意ください。削除するページはWiktionary:削除依頼によります。削除の理由には様々なものがあります。移動や入れ替えなど技術的な問題であったり、いたずらやコンテキストが確立されていない投稿の削除であったり(これについてはWiktionary:即時削除を参照して下さい)、著作権の問題によるものであったりします。
  • 削除されたページの過去の版があるかどうか知ることができ、また過去の版を閲覧することができます。また、過去の版を復活することができます。
  • ページと同様に画像も削除することができます。画像に関しては削除すると復帰ができません。Wiktionary:画像利用の方針を御覧ください。

ページの差し戻し[編集]

  • 一般にrevert と呼ばれるページを以前の版に差し戻すことです。これは管理者でなくても行えるものですが、管理者はより迅速に行うことができます。ユーザーの投稿記録開くと、ユーザーが最後に編集したページについて [roolback] のリンクが表示されます。これをクリックするだけで、指定したユーザー以外が編集した版まで連続して差し戻しが行われます。これにより連続投稿のあらしへの対処を楽に行うことができます。

あらし行為の隠蔽[編集]

  • ページの差し戻しの強力なものとして投稿した記録を最近更新したページから隠すことができます。ユーザーの投稿記録のURLに &bot=1 をつけ、rollback を行うことで可能となります。これは記事の変更に対して使用するものではなく、大量に無意味なものをペーストしたり、要約欄に他のユーザーに不快なコメントを書いた投稿を隠蔽するために使用するものです。

投稿の禁止と解除[編集]

  • あらし行為への対策として投稿のブロック(禁止)とその解除を行うことができます。これは連続するあらし行為への一時的な対応策として使用するものです。
  • ブロックされたユーザーは、ページを編集をクリック、あるいはすでに開いたページで投稿、プレビューのいずれかを行った際に、どの管理者が、どのような理由で投稿をブロックしたのかが表示され、編集が行えなくなります。ウィキメールなどで管理者に連絡することは可能です。通常IPアドレスのブロックは24時間で解除されます。これはダイアルアップで接続の場合プロバイダーがIPアドレスを接続する都度変更する為です。もし身に覚えが無くブロックされている表示になったときには解除するまで待ってください。この方針に異論がある場合はこのページのノートまでご意見をお寄せください。
  • 特別:Ipblocklistで現在ブロックされているIPおよびユーザーの一覧を見ることができます。

データベースクエリ[編集]

  • ページを読む以外にデータベースのデータをSQLで直接読み出すことができます。許可されているのはページ情報と一部のユーザー情報の読み出しのみとなっています。例えば、あるユーザーがあるページをウォッチリストに登録しているかどうかをチェックできます。また、使用できるクエリは30秒以内に終了するものに制限されており、それ以外にも負荷上の理由から様々な細かい制限がかけられています。

管理者の就任[編集]

  • bureaucrat の肩書きを持つ管理者は、ユーザーを新たに管理者とすることができます。(元に戻すことはできません)bureaucrat は通常開発者によって就任が行われます。bureaucratについてはWiktionary:Bureaucratに説明が、Wiktionary:Bureaucrat logに活動の記録があります。

一般の参加者とどう違うのか[編集]

  • 執筆者、編集者としては管理者は特別な存在ではありません。管理者の執筆した記事であっても、改善の余地があれば、誰でも推敲して構いません。
  • プロジェクトの運営についても、それほど特別な存在ではありません。ウィキペディアがどうあるべきか、どんなポリシーが採用されるべきか、などについても、一般の参加者の人の意見よりも管理者の意見の方が重要だということはありません。
  • 法的問題が起こったときに責任を負わされるリスクは管理者の方が多少高いと思われます。そこで、法に関わる問題については管理者の意見を多少真剣にとるのもよいかも知れません。ですが、そのような事情を理由に管理者が他の人の意見とはかけはなれた強硬な主張をするようなら、その人には管理者をやめてもらい、もっと一般ユーザの意見をよく反映できるような別の管理者を選ぶのが得策でしょう。

管理者となるには[編集]

  • 管理者となったら、管理者特有の機能の使用には細心の注意を払う必要があります。日本語版では「複数の管理者による合意」「管理者内での議論」「権利使用の告知」などが使用のルールとして提案されています。詳細はWiktionary:井戸端会議ログ6に保管されている議論を参照して下さい。

開発者[編集]

  • 他の権限として「開発者」 (developer) がいます。詳しくは、Wiktionary:開発者を参照して下さい。