ベクトル

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

ドイツ語 Vektorより

名詞[編集]

  1. (数学・物理学)大きさ向き持つ
    • 面白いですよ、いいですか、これが電車です。電車の速度をベクトルで書くと、こうなります、弾丸の速度はこうです……(海野十三「省線電車の射撃手」)〔1931年〕[1]
  2. (数学)ベクトル空間要素。上記の意味のベクトルを一般化したもの。
  3. (1から転じて比喩的に)組織活動方向、あるいは方向を持つ勢い
    • こうした中小企業において効果的なITシステム投資を行うためには、中小企業と情報システム会社の間を取り持って、両者のベクトルをあわせるITコーディネータという人材の活用が一助となる。(中小企業庁「中小企業白書」)〔2008年〕[2]
    • 平場のいわゆる耕地農業については合理的な手法を求めていくベクトルに私も異存はありません。(小川勝也、第198回参議院国会農林水産委員会)〔2019年〕[3]

類義語[編集]

対義語[編集]

翻訳[編集]

[編集]

  1. 青空文庫(2004年11月8日作成、2013年2月27日修正)(底本:「海野十三全集 第1巻 遺言状放送」三一書房、1990年10月15日第1版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000160/files/1235_16951.html 2019年3月23日参照。
  2. 『2008年版中小企業白書』(中小企業庁ホームページ) https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h20/h20/html/k2340000.html 2019年3月24日参照。
  3. 「第198回参議院国会 農林水産委員会 第2号(平成31年3月12日)」国会会議録検索システム http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/198/0010/19803120010002a.html 2019年3月24日参照。