一切皆苦

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

成句[編集]

一切 (いっさいかいく)

  1. 仏教の基本的・哲学的な主張を表わす成句の一つ。三法印または四法印の一つ。「一切行苦」とも訳される。
輪廻転生の世界にあっておのれ)に関わりを有するものごと現象としての事物)は、己にとっては苦である」という意味。
パーリ語の「サッベ サンカーラ ドゥッカ」は、直訳すると、「諸行は苦なり」または「諸行は思いどおりにならない」。→(漢字、意義)3。→三苦

発音[編集]

イ↘ッサイ カ↘イク  イ↗ッサイカ↘イク

語源[編集]

パーリ語「サッベ サンカーラ ドゥッカ」(『法句経』にある言葉。)

関連語[編集]