一生懸命

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

成句[編集]

(いっしょうけんめい)

  1. 命懸けで。
    • 床の間の前で迷亭君と独仙君が一生懸命輸贏を争っていると、座敷の入口には、寒月君と東風君が相ならんでその傍に主人が黄色い顔をして坐っている。(夏目漱石 『吾輩は猫である』)

語源[編集]

一所懸命」の誤表記又は転訛だが江戸時代から一般的になっており現在では、ほぼ同義語として遣われている。