一蓮托生

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

成句[編集]

(いちれんたくしょう)

  1. (死後、浄土で同じ蓮華の上に生まれようという、日本の仏教上の思想から)物事の善悪結果にとらわれず、行動を共にすること。
    • 「親分の夜明かしは御苦労ですね。家へ帰って誰か呼んで来ましょうか」と、勘太は云った。「まあいいや。この頃は暑くなし、寒くなし、月はよし、まだ藪ッ蚊も出ず、張り番も大して苦にゃならねえ。おめえと一蓮托生だ」(岡本綺堂 『半七捕物帳 夜叉神堂』)

表記[編集]

国会の議事録ではこの言葉を「一蓮生」と書くことになっている[1]ため、国会会議録検索システムで検索する際は注意が必要である。

朝鮮語[編集]

成句[編集]

一蓮托生일련탁생

  1. (日本語に同じ)一蓮托生。

脚注[編集]

  1. 『標準用字用例辞典』日本速記協会