上一段活用

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア上一段活用 の記事があります。

日本語[編集]

名詞[編集]

(上一段活用)

  1. 日本語の動詞の活用の一種。すべての活用語尾にい段の音が入り、それに「る、れ、ろ」が付くという形で変化する。現代日本語の上一段活用動詞は、古典日本語の上一段活用動詞を継承したものに加え上二段活用のものも受け継いでいる。

語源[編集]

活用語尾にえ段の音が入る場合と対比し、五十音図で上の段にあり、い段の一段のみが活用語尾となることから。

関連語[編集]

活用例[編集]

口語

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
(語幹) いる いる いれ いろ
いよ
ア行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
(語幹) きる きる きれ きろ
きよ
カ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
(語幹) ぎる ぎる ぎれ ぎろ
ぎよ
ガ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
(語幹) じる じる じれ じろ
じよ
ザ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
(語幹) ちる ちる ちれ ちろ
ちよ
タ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
(語幹) にる にる にれ にろ
によ
ナ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
(語幹) ひる ひる ひれ ひろ
ひよ
ハ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
(語幹) びる びる びれ びろ
びよ
バ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
(語幹) みる みる みれ みろ
みよ
マ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
(語幹) りる りる りれ りろ
りよ
ラ行上一段活用

文語

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用型
(語幹) きる きる きれ きよ カ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用型
(語幹) にる にる にれ によ ナ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用型
(語幹) みる みる みれ みよ マ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用型
(語幹) いる いる いれ いよ ヤ行上一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用型
(語幹) ゐる ゐる ゐれ ゐよ ワ行上一段活用