上座部仏教

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

上座部 仏教(じょうざぶぶっきょう)

  1. 現在、存在している仏教のうちの大きな一群のこと。
インド初期仏教教団は釈迦の死から100ないし200年後くらいのアショーカ王の代(紀元前3世紀)に分裂し(根本分裂と呼ぶ)、上座部と呼ばれる一群の部派が生まれることになった。(もう一方を大衆(だいしゅ)部と呼ぶ。)この上座部の流れはその後も長く続き、今のタイミャンマースリランカなどの仏教(南伝仏教)になった。それゆえ、それらの諸国の仏教のことを上座部仏教と呼ぶ(自らも名のる)。テーラワーダ仏教とも言う。

発音[編集]

ジョ↗ーザブブ↘ッキョー

語源[編集]

パーリ語 थेरवाद theravāda(テーラワーダ:長老の(テーラ)教え(ワーダ))から。

関連語[編集]

翻訳[編集]