不倶戴天

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

日本語[編集]

名詞[編集]

(ふぐたいてん)

  1. どうしても生かしては置けないと思うほどに深く恨むこと。
    • その時からの不倶戴天の恨みがある。根作は何かにつけてマリ子の敵であることを隠さなかった。(坂口安吾中庸』)

語源[編集]

翻訳[編集]

関連語[編集]