世話

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(せわ)

  1. 世間における話から。
    1. 世間一般の人の言ったり、行ったりする事柄または様子。
    2. 世話物の略。
    3. (古)
    4. (古)俗語口語
  2. 厄介なこと。
    1. 面倒で手がかかること。
      • 世話がやける、世話がかかる、世話がない
    2. 相手の身の回りのことをあれこれと面倒をみること。援助すること。
      • 世話をする、世話を焼く、世話になる、世話をかける
      • お世話になりました。
    3. その人の希望に添うよう紹介斡旋すること。

語誌[編集]

  • 語義1の用法は、15世紀には見られる一方、語義2の用法は18世紀以降に見られるようになる。
  • 意味の乖離から、語義2は「せわし(忙し)」から派生した別語源の和語であるという説がある。
  • 一方で、語義1の「世間」との関わり合いから、語義2が生じたものであるとの説もある。