出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

中 中 中 中
甲骨文字 金文 大篆 小篆

意義[編集]

  1. なか。ものの内側
  2. まんなか両端でない位置
    中央中心中庸
  3. 真ん中に来る。
    南中
  4. あたる
    命中的中
  5. (接尾辞的)~をしている所の。
    最中戦中準備中、試験中

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. なか】 物の内側。
  2. チュウ大きいとも小さいとも言えない状態。
  3. 【チュウ】 成績評価において、優れているとも劣っているとも言えない状態。平均的
    地学の成績がの下だ。
    (※この「中の下」という用法は、「五段階評価のうち、二番目に劣っている」という意味合いを伴う。)
    対義語 : (優れている状態)、(劣っている状態)

造語成分・略称[編集]

  1. 中国」の略。

熟語[編集]


中国語[編集]

*

方位詞[編集]

  1. ~の中(に、で)。

熟語[編集]

zhōng

zhòng


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*

関連語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]