人の褌で相撲を取る

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

慣用句[編集]

人の相撲取る(ひとのふんどしですもうをとる)

  1. 他人利用して、身を削ったり努力すること無しに自分のをはかること。
    • 家康は人の褌を当にして相撲をとらぬ男であつた。利用し得るあらゆる物を利用する。然しそれに縋り、それに頼つて生きようといふ男ではない。(坂口安吾『二流の人』)

類義語・同義句[編集]