付録:ゲルマン祖語/ek

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲルマン祖語[編集]

異表記・別形[編集]

語源[編集]

印欧祖語 *éǵh₂

発音[編集]

代名詞[編集]

*ek

  1. 一人称単数主格。わたしは。


諸言語への影響[編集]

  • 古英語: , ic, ih
    • スコットランド語: I, ik (稀)
    • 英語: I, ik (廃語), ich (廃語)
  • 古フリジア語: ik
    • 北フリジア語: ick
    • 西フリジア語: ik
  • 古ザクセン語: ik
  • 古オランダ語: ik
    • 中期オランダ語: ic
      • オランダ語: ik
        • アフリカーンス語: ek
  • 古高ドイツ語: ih
    • 中高ドイツ語: ich
      • ドイツ語: ich
  • 古ノルド語: ek, jak
    • アイスランド語: eg, ég
    • フェロー語: eg, jeg
    • ノルウェー語: æ, æg, æi, æig, e, i, ig, , jæi, je
      • ノルウェー語(ブークモール): jeg
      • ノルウェー語(ニーノシュク): eg
    • 古スウェーデン語: iak, jæk
      • エルヴダーレン語: ig
      • スウェーデン語: jag
    • デンマーク語: jeg
  • ゴート語: 𐌹𐌺 (ik)