出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「(逆さまの口)」+「(人の跪く姿)」、逆さまの口がひざまずいた人に話す、お告げを聞くこと。
令-bronze-shang.svg 令-oracle.svg 令-bronze.svg令-bronze-2.svg 令-bronze-spring.svg 令-bronze-warring.svg 令-silk.svg 令-slip.svg

令-seal.svg

令-bigseal.svg
金文 甲骨文字 金文

金文 金文 簡帛文字 簡牘文字

小篆

流伝の古文字
西周 春秋時代 戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. (神などの)お告げ
  2. 上位者による指示
  3. よい事。

日本語[編集]

発音(?)[編集]

名詞[編集]

(レイ、リョウ)

  1. (レイ)命令指示いいつけ
    • 1939年-1943年、吉川英治「三国志」[1]
      それのみか、不意に、兵にを下して、楊彪について来た大臣以下宮人など、六十余人の者を一からげに縛ってしまった。
  2. (レイ)法令きまりさだめ
    • 1976年、宮澤喜一、第94回参議院[2]
      [……]これらの輸出貿易管理令あるいは輸入貿易管理令というもので、いろいろな経済行為を制約しておるわけでございますが、現実に、ただいままでにこういう商談があって、このを廃止すれば直ちにそれがあしたから動けるというような、そういう流れには恐らく私はなっていないのであろうと考えておりますので[……]
  3. (リョウ)国家基本的制度規定した古代東アジア各国法典現代行政法訴訟法民法商法などに相当するもので、刑法に相当するになる。
    • 1943年、中島敦「李陵」[3]
      ある人が法の権威を説いてこれを詰ったところ、これに答えていう。前主の是とするところこれが律となり、後主の是とするところこれがとなる。当時の君主の意のほかになんの法があろうぞと。
    • 1946年、津田左右吉「日本歴史の特性」[4]
      大化の改新によっていとぐちが開かれ、(いわゆる近江令など)がきめられたことによって、ひととおりできあがった政治上の新しい制度は、大体から見ると、いわゆる中央集権であるし、そういう制度が定められたにつれて[……]
  4. (レイ)中国長官
    • 1923年、服部宇之吉「荀子解題」[5]
      荀子後年楚に往き、有名なる楚の相春申君黄歇に用ゐられて蘭陵といふ地の即ち長官となつた[……]
    • 1923年、泉鏡花「雨ばけ」[6]
      あちこちに、然るべき門は見えるが、それも場末で、古土塀、やぶれ垣の、入曲つて長く続く屋敷町を、雨もよひの陰気な暮方、その県のに事ふる相応の支那の官人が一人、従者を従へて通り懸つた。

接頭辞 [編集]

(れい)

  1. (文章語) 他人家族を指す語につけて敬意を表す。

対義語[編集]

派生語[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

*

動詞[編集]

lìng

  1. じる。命令する。
  2. させる

名詞[編集]

lìng

  1. 酒席あそび。

接頭辞 [編集]

lìng

  1. 美しい。良い。[7]
  2. 尊称、話す相手の親族に用いる。[7]

量詞[編集]

lǐng

  1. 印刷用紙を数える量詞。1令=500枚。

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 命令
  2. 法令
  3. 藥令」に同じ。

依存名詞[編集]

  1. かわを数える助数詞。

熟語[編集]


ベトナム語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 命令号令

コード等[編集]

CJK互換漢字の場合 16進:F9A8

[編集]

  1. 青空文庫(2013年7月11日作成)(底本:「三国志(二)」吉川英治歴史時代文庫、講談社、2008年12月22日第53刷発行。「三国志(三)」吉川英治歴史時代文庫、講談社、2008年9月16日第50刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001562/files/52412_51063.html 2019年4月3日参照。
  2. 「第94回国会参議院 決算委員会議事録 第1号(昭和56年1月19日)」p. 15. 国会会議録検索システム http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/094/1410/09401191410001.pdf 2019年4月3日参照。
  3. 青空文庫(2001年3月14日公開、2011年2月27日修正)(底本:「李陵・山月記・弟子・名人伝」角川文庫、角川書店、1998年5月30日改版52版)https://www.aozora.gr.jp/cards/000119/files/1737_14534.html 2019年4月4日参照。
  4. 青空文庫(2017年10月25日作成)(底本:「津田左右吉歴史論集」岩波文庫、岩波書店、2006年11月15日第2刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001535/files/53739_63091.html 2019年4月3日参照。
  5. 青空文庫(2011年3月31日作成)(底本:「荀子」漢文叢書、有朋堂書店、1923年8月18日)https://www.aozora.gr.jp/cards/001577/files/52720_42679.html 2019年4月3日参照。
  6. 青空文庫(2009年5月10日作成)(底本:「日本幻想文学集成1 泉鏡花」国書刊行会、1995年10月9日初版第5刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000050/files/48384_35153.html 2019年4月3日参照。
  7. 7.0 7.1 商務印書館「現代漢語詞典 第7版」