出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「(逆さまの口)」+「(人の跪く姿)」、逆さまの口がひざまずいた人に話す、お告げを聞くこと。
ACC-b13977.svg 令-oracle.svg 令-bronze.svgACC-b13982.svg ACC-b14035.svg ACC-b14036.svg 令-silk.svg 令-slip.svg 令-seal.svg 令-bigseal.svg
金文 甲骨文字 金文 金文 金文 簡帛文字 簡牘文字 小篆 流伝の古文字
西周 春秋時代 戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. (神などの)お告げ
  2. 上位者による指示
    命令
  3. よい事。
    令息令嬢令室

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. うながし律令制で、四坊ごとに置かれ官職坊長とともに、戸口管理治安維持徴税徹底などの当たった坊令
  2. (リョウ)古代国家制度全般について定めた法典とともに中国時代発達時代大成日本ではして、天智朝期近江令から持統朝飛鳥浄御原令あすかきよみはらりよう経て701加えて大宝律令として制定。718には改定して養老律令とした。
  3. (レイ)命令いいつけ
  4. (レイ)法規さだめ
  5. (レイ)明治初期長官県令
  6. (レイ)鎌倉時代政所まんどころ次官
  7. (レイ)律令制で、左京右京の4つの統轄する坊令条令
  8. (レイ)古代中国で、地方長官特に長官

熟語[編集]


中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]