以来

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

いらいこのかた

  1. ある時点からまで。接続助詞・格助詞のように用いる。
    • はじめて書いたのが、その年の盛夏の頃であった。それ以来、牧野信一が方々の彼の親友のところをひきまわしてくれて、私も文壇というところの一角だけを覗くようになったのである。(坂口安吾「小林さんと私のツキアイ」)
    • 内地へ来て以来かれこれ十年近くなるけれど、殆んど毎年二三度は帰っている。(金史良「故郷を想う」)
    • 聴講者は鈴木信太郎、須川弥作、岸田國士、井汲清治、それに私の五人、当時「仏文はじまって以来の盛況」と言いはやされた。(関根秀雄「モンテーニュ随想録 ESSAIS DE MONTAIGNE はしがきに代えて―モンテーニュとの六十年―」)
    • 四季その折々の風物の移り変りと、村の年中行事を、その時々にたのしめるようになったのは、私には、まだ、この二三年以来のことである。(黒島傳治「四季とその折々」)
    • 有史以来
    • 神武以来(じんむこのかた)
  2. 爾来。それ以来。接続詞・副詞のように用いる。
    • 東京府立一中卒業後、1890(明治23)年に東京日日新聞に入社。以来、中央新聞社、絵入日報社などを経て、24年間を新聞記者として過ごす。(青空文庫「作家別作品リスト:No.82 作家名:岡本 綺堂」)
  3. (やや古)以後今後。この。接続詞・副詞のように用いる。

発音[編集]

い↘らい
こ↗の↘かた、こ↗のかた↘

中国語[編集]

名詞[編集]

  (繁): 以來 (yǐlái)

  1. (日本語に同じ)以来