作風

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

さくふう

  1. 作品表れ傾向特徴
    • あの落着いた立派な作風、あのガツシリと完成した描法など好いと思ひます。(上村松園、応挙と其の時代が好き) [1]
    • 別の元メンバーは、この漫画家作風を「構図もストーリーもリアルで群を抜いていた」と振り返る。 (土屋正忠、 第186回国会 衆議院 法務委員会 第21号 平成26年6月4日)

発音[編集]

さ↗くふー

朝鮮語[編集]

名詞[編集]

작풍

  1. (日本語に同じ)作風

中国語[編集]

名詞[編集]

  (簡): 作风 (ピンイン:zuòfēng 注音符号:ㄗㄨㄛˋ ㄈㄥ 閩南語:chok-hong)

  1. 作風
  2. (仕事や思想上の)態度

参照[編集]

  1. 青空文庫(2008年5月19日作成)(底本:「青眉抄その後」求龍堂 1986(昭和61)年1月15日発行 初出:「藝術社会」新田書房 1925(大正14)年)https://www.aozora.gr.jp/cards/000355/files/47979_31545.html 2020年9月22日参照。