出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 形声文字。「」(左側の人偏・「亻」)+「」(「シン」の音を表す音符)+「」。音符の「辛」は、罪を犯した者を とがめる仕置き(刑罰)として入れ墨を入れるための針(=シン)の形を形取った象形文字で、そこから移り変わり、罪びとを とがめるための仕置きそのものをも表す。その事から「信」は、人の口から出た言葉に若しもウソが有るならば、そのときは とがめられて仕置きを受けることを誓うさまから、「まこと」という旨を表す[1]

意義[編集]

  1. まこと。(口に出したことなどに)うそ偽りが無い事。明らかな事。真実。誠実。
  2. まこととする。信じる。
  3. まかせるまかす
  4. たよる
  5. たより。手紙。
  6. たより。知らせ。おとずれ。

日本語[編集]

発音[編集]

      のぶ(人名。「信」の音が「」〔シン、の-ぶ=の-びる〕や「」〔シン、の-ぶ=の-べる〕に通じることから)。

名詞[編集]

(しん)

  1. 約束などをまもりとおすこと。信頼信任
    • 信を置く信を問う
    • 乞食坊主に頼む気になったのは、なんとなくえらそうに見える坊主の態度にを起したのと、水一ぱいでするなら間違ったところで危険なこともあるまいと思ったのとのためである。(森鴎外『寒山拾得』)

派生語[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 手紙
  2. らせ。

動詞[編集]

  1. 信じる信用する、信頼する。

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 信用

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

名詞[編集]

  1. 信用信頼

コード等[編集]

参考文献[編集]

鎌田正/米山寅太郎『新漢語林』初版、大修館書店

脚注[編集]

  1. 鎌田正/米山寅太郎『新漢語林』初版、大修館書店97ページ