再現

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(さいげん)

  1. 以前あっ出来事状態を、同じように再び生じさせること。または、以前にあった出来事や状態が、同じようなさまで再び起こること。
    • 不幸にして現在の録音機と発声マイクロフォンとはその機巧のいまだ不完全なために、あらゆる雑音の忠実な再現に成功していない。(寺田寅彦「映画芸術」)〔1932年〕[1]
    • それにもかかわらず、かれは少年時の甘い夢を見つづけている。しかもその夢の再現がまたかれを苦しめる。(蒲原有明「夢は呼び交す」)〔1947年〕[2]

類義語[編集]

翻訳[編集]

動詞[編集]

する(さいげん する)

  1. (他動詞) 以前にあった出来事や状態を、同じように再び生じさせる。
    • 人間としてわたくしは、怒りもする、憤りもする。そしてその怒りや憤りの感じを、芸術の中に再現する。(宮本百合子「感情の動き」)〔1927年〕[3]
    • 現実に、あの夢を再現してみたら、どういうことになるだろうか。酔狂でなく、真剣に、痛切に、私はそのことを考えたのである。(豊島与志雄「復讐」)〔1950年〕[4]
  1. (自動詞) 以前にあった出来事や状態が、同じようなさまで再び起こる。
    • ヴィクトル・ユーゴの「剣筆を殺さずてば、筆剣を殺さん」と言った語に、若い血を躍らせる。かかる時代は再現しないだろうけれども、昔恋しさの感に堪えない。(桐生悠々「科学的新聞記者」)〔1941年〕[5]
    • アルコールのタンクに火がはいって、浮いていた多くの死体が、じりじり焼かれながらのたうった有様が、そこに再現してるのだ。(豊島与志雄「猫捨坂」)〔1948年〕[6]

活用[編集]

再現-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
再現

する する すれ せよ
しろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 再現しない 未然形 + ない
否定 再現せず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
再現される 未然形 + れる
丁寧 再現します 連用形 + ます
過去・完了・状態 再現した 連用形 +
言い切り 再現する 終止形のみ
名詞化 再現すること 連体形 + こと
仮定条件 再現すれば 仮定形 +
命令 再現せよ
再現しろ
命令形のみ

翻訳[編集]

[編集]

  1. 青空文庫(2003年3月6日作成)(底本:「寺田寅彦随筆集 第三巻」岩波文庫、岩波書店、1993年2月5日第59刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2469_9349.html 2019年5月4日参照。
  2. 青空文庫(2007年11月27日作成、2016年1月30日修正)(底本:「夢は呼び交す」岩波文庫、岩波書店、2000年11月8日第2刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001055/files/43739_28818.html 2019年5月4日参照。
  3. 青空文庫(2003年9月15日作成)(底本:「宮本百合子全集 第十七巻」新日本出版社、1986年3月20日第4刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3879_12783.html 2019年5月4日参照。
  4. 青空文庫(2006年11月16日作成)(底本:「豊島与志雄著作集 第五巻(小説5・戯曲)」未来社、1966年11月15日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000906/files/42658_24934.html 2019年5月4日参照。
  5. 青空文庫(2005年6月10日作成)(底本:「畜生道の地球」中公文庫、中央公論社、1989年10月10日発行)https://www.aozora.gr.jp/cards/000535/files/43778_18724.html 2019年5月4日参照。
  6. 青空文庫(2008年1月16日作成)(底本:「豊島与志雄著作集 第四巻(小説4」未来社、1965年6月25日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000906/files/42747_29483.html 2019年5月4日参照。