出家

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(しゅっけ, すけ, でいえ)

  1. (しゅっけ, すけ) 家庭などの関係を捨て、世俗離れとなり修行すること。
    元々仏教の出家を指すが、現代では、各宗派の僧の資格を得て、僧侶になること。
  2. (しゅっけ, すけ) 出家した僧侶。その人を指す。
  3. (でいえ) 分家

語源[編集]

元々は、仏法に帰依して、受戒(戒律を授かり)比丘比丘尼となる事であるが、 転じて、外国から入ってきた宗教や、新しく出来た宗教の、専門的な信者・神職になる事も、出家と呼ぶ。

関連語[編集]

  • 語義1(出家行為)に対して。
  • 語義2(出家した人)に対して

翻訳[編集]

語義1に対して

語義2に対して、

語義3(でいえ)に対して、