利用者:みぃにゃん/sandbox

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

利用者:みぃにゃん/sandbox/説明文 Wiktionary かも原稿(みぃにゃんの私案[1]草稿[2]

かも【鴨】を作成中です。連語・助詞のかもの取り扱いについて難儀があります。[編集]

[[トーク:鴨#鴨に、名詞・動物のカモ(鴨)を加えて、完成度を上げるか? ・別途に、名詞・動物の、カモ(鴨)の項目を建てるか? 以下のコメントは最終的には削除

Wikiquote
フリー引用句集ウィキクオートに関連のあるページがあります。
Commons-logo.svg

=={{jpn}}== [[Category:{{jpn}} {{noun}}]] [[Category:{{jpn}} 季語 冬]] [[Category:{{jpn}} 動物]] [[category:{{jpn}} 鳥]]
==={{noun}}===

名詞に分類すべき部分[編集]

かも、カモ、【】(賀茂、加茂、鹿毛、カモ)を使い分ける書き方に変える。

カモ
  1. (カモ)カモ日本の湖沼・河川などで見られる水鳥(wp)の仲間・カモ科
    カルガモオシドリなど通年生息する水鳥と、マガモコガモオナガガモスズガモなど、日本では冬季に見られる水鳥を含む。家禽として飼育される場合もある。
    俳句[3]季語和歌枕詞まくらことば
    海暮れての声ほのかに白し (松尾芭蕉(wp) - 野ざらし紀行」)
    • おしどりなど、雄雌(男女)の仲が睦まじい鳥とされ、其処より転じて、男女の仲睦まじい様の例えに使われる。
  2. (かも)鴨肉の事、食品としての上記1.のカモ類
    ・ボーイが私たちのところへ持って来たは、半熟にボイルしてあり、二十四万三千七百六十七番という由緒を示す番号札が添えてあった。ボーイは見せるだけ見せると、番号札を残して鴨を持ち去った。(すき焼きと鴨料理--洋食雑感--北大路魯山人
  3. (カモ)詐欺ターゲット。勝負事などで、くみしやすい相手。カモ。
    *成句:・鴨が葱しょって遣って来た。
  4. 日本の姓・名。
    鴨氏 - 日本の氏族鴨長明(wp)など。・名:芹沢鴨(wp)など。
  5. 日本の地名
    ・京都市の神社下鴨神社(wp)、京都市内の河川鴨川(wp)滋賀県高島市にある地名など。

発音[編集]

か‿も(アクセント等の記載)

関連語[編集]

語義1

類義語[編集]

語義2

派生語[編集]

語義1

語義2

語義3

語義4

語義5

熟語[編集]

語義1

語義2

語義3

成句[編集]

語義1

語意3

語義4

翻訳[編集]

参照[編集]

  • 鳥類
  • 日本語におけるかもの、連語成句助詞は、下記の副詞を参照。
  • 日本語における漢字のからの派生語・熟語・成句を名詞掲載。
  • 助詞のかむ=(上代東国方言)かも。 は、Wiktinary既存であり、和歌に登場するので、扱いを検討する。

副詞[編集]

この項目は、完全に書き換えます。今書いてある原稿自体に間違いは無いが、その後、助詞について調べた結果が未反映。

  1. 助詞、詠嘆の気持ちを表す。
    吉野川行く瀬の早みしましくも淀むことなくありこせぬかも/万葉集119
  2. 連語かも知れないと言う意味を表す。
    もしかして、おやつがあるかも

成句[編集]

語義2

  • かもしれない。(連語だが、慣用句化している。)

同音異義語[編集]

Wikiquote
フリー引用句集ウィキクオートに関連のあるページがあります。
Commons-logo.svg

日本語[編集]

動詞[編集]

かもるる】

  1. かも【鴨】の語義2を動詞化したもの。・勝負事などで、相手を食い物にする。・詐欺にかけて金品を奪う。鴨にする。

「麻雀でかもられた」 [可能] かもれる(~する事ができる。)

  1. 意味2


語源[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]


==={{noun}}=== <!--品詞 (名詞)--> [[Category:{{jpn}} {{noun}}]]

テンプレート:かも賀茂加茂】、カモ  この項目は、補綴編集予定。鴨・加茂との合同もあり。

  1. 日本の姓・名。
    加茂氏 -賀茂氏 日本の氏族など。・名:など。
  2. 日本の地名
    ・京都市の神社上賀茂神社(wp)、京都市内の河川加茂川滋賀県高島市にある地名など。
  3. 鹿毛 日本の氏名、地名に使われる。(要精査)
  4. 意味2

注釈・典拠[編集]

  1. 個人的提案(私見)であり、叩き台にはなるが、正しいとは限らない。
  2. 文章の下書き、未だ完成して居ないもの
  3. Wikipediaの俳句には問題あり、最小限の対策として典拠を補綴要す

<!---活用(動詞)---> {{inf-ja|古語_|(行)|(種類)|(語幹)|(語尾)}} <!--- 「古語_」は古語ではない場合削除してください(パイプ記号は消さないこと) <行>はカタカナ1文字(ア行なら「ア」) <種類>は略記(五段なら「五」、上一段なら「上一」、変格なら「変」というふうに) <語幹>語幹を入力 <語尾>終止形活用語尾を入力 ---> <!---活用(古語助動詞、活用表1段)---> {{inf-ja-aux|(接続)|(未然)|(連用)|(終止)|(連体)|(已然)|(命令)}} <!--- <接続>接続を入力(未然形接続なら「未然」 <未然>~<命令>活用形を入力、なければ空欄 ---> <!---活用(古語助動詞、活用表2段)---> {{inf-ja-aux2|(接続)|(未然)|(連用)|(終止)|(連体)|(已然)|(命令)|(未然2)|(連用2)|(終止2)|(連体2)|(已然2)|(命令2)}} <!--- <接続>接続を入力(未然形接続なら「未然」 <未然>~<命令>活用形を入力、なければ空欄 <未然2>~<命令2>活用形を入力、なければ空欄 --->