刻苦勉励

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

文字拡大

成句[編集]

刻苦勉励(こっくべんれい)

  1. 非常に苦労して、ただ勉学などに励むこと。
    • 不肖榛貞臣、徒らに身すぎ、口すぎ、世の活計に、神職は相勤めませぬ。刻苦勉励、学問をも仕り、新しき神道を相学び、精進潔斎、朝夕の供物に、魂の切火打って、御前にかしずき奉る(泉鏡花 『多神教』)

関連語[編集]