勘定

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

この単語の漢字
かん
常用漢字
じょう
第三学年
音読み

発音[編集]

  • (東京) んじょ [kàńjóꜜò] (中高型 – [3])
  • IPA(?): [kã̠ɲ̟d͡ʑo̞ː][1]
  • 但し前に別の語がついて複合語を形成する場合(具体例: 丼勘定)には、前の要素が平板式で発音された後「か↘んじょー」となる[2]
  • (京阪かんじょー (平板型)

名詞[編集]

(かんじょう)

  1. (サ変)金額計算すること。
  2. (サ変)代金支払うこと。また、その代金。
  3. いろいろ事象考え合わせること。考慮
  4. (簿記) 取引内容記録計算するために設けられた区分のこと。勘定につけた名称勘定科目という。

翻訳[編集]

類義語[編集]

派生語[編集]

動詞[編集]

脚注[編集]

  1. NHK放送文化研究所・編『NHK 日本語発音アクセント辞典 新版』日本放送出版協会、2005年、194頁。ISBN 4-14-011112-7
  2. NHK放送文化研究所、前掲書、付録36頁。