十二進法

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(じゅうにしんほう)

  1. 十二として、十二の累乗進める方法。通常用いる十二個の数字は、0から9までの十個のアラビア数字と、ABの二つのラテン文字であり、をA、十一をB、十二を10、十二分の一を0.1として数を表現する。
    • 十二進法では、50は六十、100は百四十四、500は七百二十になる。
    • 十二進法の小数を用いると、一ヶ月を0.1年、十ヶ月を0.A年と表せる。

関連語[編集]

翻訳[編集]