十号

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

じゅうごう

  1. 仏教開祖釈迦牟尼を呼ぶ 10の称号のこと。10個そろえることに意味があるので数に変動はないが、内容には若干の異同がある。そのうち今の日本でよく使われるのは「世尊」。また、十号にはないが、「釈尊」もよく使われる(釈尊は「釈迦牟尼世尊」の略)。仏十号、如来十号ともいう。
[十号の一覧]如来応供おうぐ(原語は阿羅漢に同じ)、正遍知、明行足、善逝、世間解、無上士、調御丈夫、天人師、仏世尊、仏、世尊

発音[編集]

ジュ↘ーコ°ー

関連語[編集]