右記

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(うき)

  1. 側に書いてあること。
  2. (縦書きの文書において)同じ文書のなかで先行する部分に書かれたこと。
    • かうして私はいつからといふことなく必ずしも右記のやうな論理を辿つてのことではなく、(...) (坂口安吾『女占師の前にて』)〔1938年〕
    • とちく場の施設内において右記三の監視指導を効率的に行うため、とちく検査員に対し食品衛生監視員を補職し、食品衛生法上の監視指導も併せて行うこと。(厚生省「と畜場法施行規則の一部を改正する省令の施行等について」)〔1997年〕

発音[編集]

東京アクセント
う↘き

類義語[編集]

対義語[編集]

関連語[編集]

動詞[編集]

右記する

  1. 右側に書く
  2. 同じ文書のなかで先行する部分に書いてある
    • しかもそのこれを使役する、必ずしも征夷のためのみならず、右記するがごとく雄略朝にはこれを征新羅軍に用いんとしたるなり (喜田貞吉『武士を夷ということの考』)〔1916年〕

活用

サ行変格活用
右記-する

固有名詞[編集]

右記(うき)

  1. 守覚法親王が著したとされる故実書の名称。
    • 「ああいった史料、どう」「どうって」「何からくの」「保元平治は、まとまったものもあるけれど、ま、公卿日記だね」「公卿日記」「兼実玉葉とか、左記右記、百錬抄、山槐記といったようなもの。それと平安朝随筆の著聞集、今昔、愚管抄なんか。あるね、あることは。けれど日記がいちばんさ。大事な日の天候まで分かっているし」 (吉川英治『新・平家今昔紀行 伊勢から熊野路の巻』)〔1951年〕