出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

合-oracle.svg 合-bronze.svg

合-bronze-warring.svg 合-silk.svg

合-seal.svg

合-bigseal.svg
甲骨文字 金文

金文 簡帛文字

小篆

流伝の古文字
西周

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. あうあわせる

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

(ごう)

  1. (単位)尺貫法容積の単位。の十分の一。約180立方センチメートル。
  2. (天文学) 地球などの天体から見て他の二天体の黄経が同じになる現象。特に太陽系内においてある天体と太陽の黄経が一致する現象。内惑星については内合外惑星については外合と呼ばれ区別される。月の場合はと呼ばれる。

派生語[編集]

対義語[編集]

  • (語義2)

参照[編集]

接尾辞[編集]

(ごう)

  1. (単位)尺貫法容積の単位。の十分の一。約180立方センチメートル。

熟語[編集]


中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

点字[編集]