四海兄弟

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

成句[編集]

四海 兄弟(しかいけいてい)

  1. 世界人々兄弟のように親しく付き合うべきであるということ。

発音[編集]

し↗か↘い↗け↘-てー

由来[編集]

論語・顔淵第十二より

  • 司馬牛憂曰「人皆有兄弟、我獨亡」子夏曰「商聞之矣、死生有命、富貴在天、君子敬而無失、與人恭而有禮、四海之内皆兄弟也。君子何患乎無兄弟也」
    • 司馬牛が沈んだ顔をして子夏にいった。「誰にも兄弟があるのに、私だけにはない。」すると、子夏が慰めていった。「死生や富貴は天命だときいているが、兄弟に縁のうすいのも、やはり天命だろう。おたがいに道に志して、心につつしみを持ちつづけ、礼をもって社会生活の調和を保って行くならば、四海のいたるところに兄弟は見出せるではないか。道に志す者が何で肉親の兄弟に縁のうすいのをくよくよ思う必要があろう。」(下村湖人 『現代訳論語』)

翻訳[編集]


朝鮮語[編集]

成句[編集]

四海兄弟사해형제

  1. (日本語に同じ)四海兄弟